スマートフォン用ページへ
東急電鉄

NEWS 沿線ニュース 渋谷駅前に、子どもたちが考えた「シブヤミライ人」がお目見え!

  • 東横線・田園都市線 渋谷

子どもたちが描いた未来のシブヤの絵が、旧東急プラザ渋谷を含む再開発工事現場の仮囲いに設置されています。

この絵は、2015年8月に開催された「ワークショップコレクション11 in シブヤ(主催:NPO法人 CANVAS)」で制作されたもの。クリエイティブユニット「tupera tupera(ツペラツペラ)」によるワークショップに参加した、未就学児から小学生までの子どもたちとその保護者が、“未来のシブヤにいそうな人”を考え、カッティングシートを使って作りました。

9月21日(月・祝)には、「tupera tupera(ツペラツペラ)」の亀山達矢さんと、代表で5組の親子が出席して、仮囲いに貼られた作品のお披露目会が実施されました。行き交う人たちを楽しませるこうした作品は、ここを起点に今後工事中の渋谷の街の中に張られていく予定です。

更新:2015/9/29(火)

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事