スマートフォン用ページへ
東急電鉄

NEWS 沿線ニュース 防災訓練がフェスに! 9月4日、SHIBUYA BOSAI FES2016が開催されました

  • 東横線・田園都市線 渋谷 / JR 原宿 / 地下鉄 明治神宮前

会場は夏フェスの雰囲気いっぱいです

“非常食ランチ”を楽しむ「SHIBUYAの隣人祭り」

「校歌を歌って避難所を覚えよう」は、同日に渋谷駅周辺で行われていた音楽イベント「渋谷ズンチャカ!」に連動したステージ

「防災の日」直後の9月4日(日)、代々木公園イベント広場・ケヤキ並木で『SHIBUYA BOSAI FES 2016〜渋谷区総合防災訓練〜』が開催されました。

これまで渋谷区は、見学型の防災訓練を毎年行っていましたが、今年はアートや音楽、パフォーマンスなども取り入れた「フェス」の形での初開催。来場者が実際に参加して学べるイベントになりました。この「防災×フェス」は、長谷部健渋谷区長のアイデア。区民だけでなく、通勤通学や観光などいろいろな目的で多くの人が集まる渋谷区で、「防災」をもっと“自分ごと”にするにはどうしたらいいだろう? と考えたことから生まれた企画です。

プログラムの一つである「SHIBUYAの隣人祭り」も、「防災フェス」ならではの新しい“防災訓練”。1999年にフランス・パリで始まり、世界中に広がりを見せているムーブメントを基にしています。近所の人たちが飲み物や食べ物を持ち寄り、みんなで一緒にテーブルを囲むことで、ご近所付き合いを見直そうという「隣人祭り」の要素を取り入れ、火や水の要らない非常食のリゾットをみんなで食べながら、『助けあいジャパン』の共同代表理事・石川淳哉さんの防災トークを聞きました。

そのほか、警察・消防・自衛隊も参加しての本格的な体験型防災訓練、「渋谷ズンチャカ 校歌を歌って避難所を覚えよう」といった音楽ライブステージなど、さまざまなプログラムを通じて、渋谷に防災の種がまかれた一日でした。

  • 外部サイトへ移動、またはファイルを開きます。
  • 期間終了後はリンク切れになる場合がございますのでご了承ください。
更新:2016/9/8(木)

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事