スマートフォン用ページへ
東急電鉄

桜の風景をささえる人たち

東急沿線で桜の保全活動を行う4団体

春になると美しい花が咲き、道行く人の目を楽しませてくれる桜。普段何気なく見ている桜の花も、毎年きれいに花咲かせるために、陰で努力している人たちがいます。今回は、東急沿線の桜スポットで活動している団体の中から4つをピックアップ。日々の活動から桜への思いなどをお伺いしました。

「桜丘」から広がる、花と緑にあふれる街づくり

道を覆い尽くすほど、大きく枝を広げる桜並木が見事なさくら通り。
体験学習で参加した子どもたちと一緒に、桜の幹の太さを年に1~2回計測します。体験学習で参加した子どもたちと一緒に、桜の幹の太さを年に1~2回計測します。

渋谷さくら育樹の会

設設立:2006年9月 会員:30名
活動エリア:渋谷区桜丘町さくら通り

その昔、戦前の渋谷南部丘陵一帯には桜の木が多くありました。しかし戦火の影響で桜の木はなくなり、現在は渋谷駅南側のさくら通り一帯、桜丘町でのみ復活した桜並木を見ることができます。ここで活動しているのが、「渋谷さくら育樹の会」です。

桜の木の育樹保護活動では、専門家からアドバイスをもらいながら、害虫の駆除、工事や車両で傷ついた幹の修復などを行っています。年に1~2回は、子どもたちと一緒に桜の幹の太さを測り健康状態をチェック。広がりすぎた枝や折れそうな枝は通行人に危険が及ばないように剪定しています。「桜のトンネルがきれいなアーチを描き、それを見た人が喜んでくれるときがうれしいですね」とは、会の代表である佐野さんの言葉。

会の活動は、桜の管理だけではありません。「花と緑」を軸として、環境にやさしく活力ある快適安全な街づくりを目指し、取り組んでいます。「フラワーロードプロジェクト」と名付けた活動では、さくら通り沿いの歩道にコンテナ花壇を設置。これだけでごみのポイ捨てや放置自転車、違法看板などが減ったそうです。かつて猿楽町でにぎわっていた氷川花市場にちなんで、植物や有機野菜などを販売する「花市場」も開催。そのほか、商店街と協力しながら毎年恒例の「渋谷桜丘さくらまつり」を運営しています。また、「渋谷みつばちプロジェクト」と連携して、渋谷のビルの屋上に巣箱を設置。みつばちが飛び回ることで、都市の生態系の循環にも一役買う取り組みとなっています。

会では、かつての丘陵地帯である代官山や鉢山町などの6つの街を「渋谷サザンヒルズ」と名付け、桜丘町から始まった活動のエリアを広げようとしています。そのため、現在の悩みはボランティアが足りないこと。エリアが広がったからこそ、より多くの人の手助けが必要なのです。

街の資産である桜並木を次世代へ

桜並木の沿道では、年間通して落花、落葉の掃除を行っています(写真は2012年当時。現在は再整備で若木に植え替えられています)。
ボランティアで清掃活動に参加した「つくし野桜守りの会」メンバー。

つくし野桜守りの会

設立:2005年4月 会員:45名
活動エリア:つくし野1~4丁目

つくし野の住宅地が売り出された約40年前から続く桜並木は、つくし野のシンボルともいえる風景。しかし、いつしか衰退が進み、倒木の恐れから伐採を余儀なくされる桜が増えました。桜並木を次世代にも残したいと考えた「つくし野桜守りの会」は、2007年に市との間で設置された「つくし野桜並木道路再整備協議会」の事務局も担いながら活動をしています。

市の再整備事業の着工に先立ち、2012年に寄贈された桜の苗40本のうち30本は市有地で、残りの10本はつくし野小学校の校庭の隅で児童たちが育苗。2年の月日を経て約2メートルもの大きさに育った桜の若木は、中央桜通りの並木へ植樹しました。桜の苗を育てその桜が並木になったという経験は児童たちにとってよい記念となるだけでなく、今後の並木整備への関心の気持ちも育んだことでしょう。

会では、活動を応援してくれる方々からの資金サポートを受けながら、年に1回の桜の樹勢診断、春は落花の掃除を3~4回、秋は落ち葉の掃除を十数回行っています。小学校の児童と一緒に公園を掃除することもあり、ときには桜についての講話を開催。「がんばって」「僕らも手伝うよ」と子どもたちに温かい言葉を掛けられることが励みになっているそうです。

しかし、住宅地の中で咲く桜並木は良いことばかりではありません。落花・落ち葉の掃除、毛虫の駆除など一年を通して作業の負担は多く、北側にある家は桜の陰で日照が悪くなってしまうことも。桜の根が舗装された歩道を持ち上げ、ベビーカーや車いすでの通行を妨げることもあります。自治体任せでは済まない状況に、会の代表である渡辺さんは「もっと仲間が増えれば活動頻度を上げ、短時間でより遠くまで活動ができますが、現在の会員数ではそうもいきません。桜並木は街の資産です。私たちの活動を通じて、街の人の関心が高まり、協力いただけることを願っています」と、メッセージをくれました。
現在はまだ小さな若い桜並木ですが、今後の成長が待たれています。

桜並木を作りたい、みんなの夢が現実に

川岸をうすピンク色に染めるのは、山桜の一種である「センダイヤ」という種類の桜。
草刈りをはじめ害虫の除去など、夏も秋も休まず体を張って作業します。

桜を愛する会

設立:2002年4月 会員:115名
活動エリア:鶴見川の宮前橋から大和橋までの右岸約2km

2002年春、石原会長をはじめとする3~4人のメンバーで「鶴見川(谷本川)の岸辺に桜並木を作り、横浜市青葉区の名所にしたい」と夢を語り合い、参加メンバーを募集したのが「桜を愛する会」の始まり。桜並木を実現するために治水事務所や青葉区役所と協議を重ねていき、2005年には区と会の合同で市ヶ尾高校付近の鶴見川右岸に桜の苗木15本を植樹することができました。堤防は砂利が多く、植樹には苦労したそうですが、その分完成した時の喜びはひとしおだったとか。

定期的な会の活動としては、4~10月は月2回の草刈り、ごみ拾い、毎月の会報発行などを行っています。草刈り機を使用しての作業は重労働ですが、活動中に散歩している住民からねぎらいや感謝の言葉をかけられることもあり、励みになることも。桜の木自体については、植樹や剪定、強風から桜を守るために支柱や添え木を設置するなど、本格的な手入れを行っています。そのため、草刈り機の安全な使用方法や樹木管理の知識などを学ぶ講習を行い、きちんとした知識を身に付けるよう心掛けています。そのほか会の懇親会はもちろん、11月に行われる「青葉区民祭り」への出店、他団体との交流など、地元や会員同士のつながりも深めています。

「自分たちの次、さらにその次に残せる桜を植樹する機会を与えられたことに感謝しています。この達成感と楽しさを皆さんにも体感して欲しいので、ぜひ若い方にも参加していただきたいですね」。

実は「桜を愛する会」メンバーの平均年齢は70代半ば。夏場の草刈りなど、その負担は年々きつくなってきているとのこと。この先ずっと美しい桜を咲かせていくためにも、若い世代に参加してもらうことが現在の課題になっています。

住民が一丸となって守り抜いた八重桜の森

遅咲きの八重桜が一斉に咲き、ピンク一色に染まる山の様子は圧巻です。
毎年恒例の「カーボン山桜まつり」では、ダンスやバンド演奏のほか出店もあり、多くの人でにぎわいます。

菊名桜山公園愛護会(桜の森を守る会)

設立:2001年7月
活動エリア:菊名桜山公園

約150本もの八重桜が咲くことで有名な通称「カーボン山」は、その昔マンション建設の計画が持ち上がった場所です。そのことを知った清水康二さんは自らが発起人となり、「桜の森を守る会」を結成。横浜市と神奈川県に対し、公園としての買い上げを求めました。10年近い運動の末、横浜市が土地を取得し、2010年4月には「菊名桜山公園」として生まれ変わることになりました。

公園としてオープンしてからは、会の名称を「菊名桜山公園愛護会」に改め、公園全体の愛護活動に取り組んでいます。主な活動は大きく分けて三つあり、①草刈りや清掃、桜を含む樹木の見守り、②花壇づくり、③イベントの開催。そのほか、日々の活動ではトイレ棟の清掃や花壇の水やり、毎週1回は花壇の手入れを行っています。そして月1~2回の定期的な活動では、夏は草刈り、秋には落葉の清掃を実施。一方で、桜の木の手入れは専門的な知識が必要なこともあり、横浜市の北部公園緑地事務所と保全方法を協議しながら、剪定などを造園業者に委託しています。

桜まつりをはじめジャズコンサート、感謝祭、クリスマスマーケットと、会が主催しているイベントは年4回あり、一年を通して多くの人が訪れるきっかけにもなっています。イベントの準備は約10名の主要メンバーが行い、当日はさらに15名以上のボランティアが協力してくれています。また、2015年からは地元・港北小学校の生徒たちが結成した「カーボン山調査隊」への協力や「樹名板づくり」など、子どもたちとの活動も増えています。

「八重桜を中心とした樹木を守りながら、市民の皆さんに自然公園としてのカーボン山・菊名桜山公園に親しんでいただけるようさまざまな活動を続けていきたい」と語る会の活動は、桜だけにとどまらず、大きな広がりを見せています。

東急沿線 桜マップ

東急沿線にある桜スポットをGoogleマップでチェック! 人のアイコンは、この特集で紹介した桜の保全活動を行っているスポットで、桜のアイコンは東急沿線にある桜のスポットを表しています。それぞれアイコンをクリックすると、活動風景や桜の写真、詳細ページへのリンクが表示されます。

  • 桜の保全活動スポット
  • その他の桜スポット

更新:2016年3月18日 取材:2016年3月

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事