スマートフォン用ページへ
東急電鉄

「藤が丘」街がたり 外山高嗣さん

私がこの街を好きな理由【連載第2回】

連載「街がたり―私がこの街を好きな理由―」は、東急沿線の街でまちづくりにつながる活動をしている人たちに、それぞれの街の魅力を語ってもらおうという企画。なぜ皆さんがその街を愛し、その街で活動をしているのか。原動力を探りながら、街そのものの魅力を発信していきます。
第2回は、若手が元気な「藤が丘商店会」の副会長・外山高嗣さんによる、田園都市線「藤が丘」街がたりです。

駅前通りのイチョウ並木で。外山さんのお店「トヤマ時計眼鏡店」も通り沿いにあります。

急行は止まらないけれど心がほっこりする住みやすい街

いいところですよ。藤が丘。すごくいいところ。
だって急行が止まらないんですよ。かわいいでしょ(笑)。

急行に通過されちゃうのは弱点じゃないのかって?
いやいや、そうじゃない。むしろ愛くるしい。心がほっこりする。
そういう完璧じゃないところ、ちょっと隙のあるところが藤が丘の魅力なんです。

この街で暮らしてる方、暮らしたことがある方は、
皆さん口をそろえて「住みやすいところね~」って言いますよ。
便利さの点で言えば、それこそ急行が止まる青葉台とかのほうがはるかに便利。
でも、藤が丘は住みやすいって言う人が多いのは、なぜだと思いますか?
それはですね……実は僕にもわかりません(笑)。

とはいえ藤が丘商店会の副会長をやらせてもらってますし、
この街のいいところならたくさん知ってますから、それをこれから話しますね。

地域に根ざしたお店だからこその“ぬくもり”

藤が丘って古くからあるお店が多いんですよ。
トヤマ時計眼鏡店も父の代からだし、同じように長く続いてるお店がたくさんで。
だから前を通る人に、お店の方が会釈したり、
顔を知ってれば「元気?」みたいな言葉を掛けたりする場面をよく見掛けるんです。
知らない人であっても、そういう関係が築きやすいですしね。
ぬくもりがある、とでも言えばいいんでしょうか。

それを象徴する存在が1丁目にある長屋。
いくつかのお店が連なってる長屋なんですけど、
ここには、これぞ商店会!って言いたくなる仲良しおばさんがそろってて。
いつもワイワイしてて楽しいですよ。

ちょっと落ち込んだ気分のときでも、ここに行けば元気がもらえるというか。
おばさんたちが元気すぎて、たまに元気を吸い取られるときもありますけど(笑)。

商店会のお店が連なる長屋は、おかみさんたちがとにかく元気。「ここだけ時代が昭和で止まってるんです(笑)」と外山さん。

名物を次々と生み出す“遊び心”あふれるイベント

藤が丘商店会の若手が企画する、いろいろなイベントがありまして。
そういったイベントも藤が丘の魅力になりつつあるのかな、と感じています。

そのひとつが「汁まつり」。
最近あちこちで、飲み歩きイベントをやってますけど、
ほかと同じことをしても埋もれちゃうので、飲食店に共通してある
“汁もの”を参加している各店で食べ歩いてもらうイベントにしました。

一昨年と去年の秋にやったんですが、これが大好評で。
今年は“汁”に横棒を一本足して、「汗まつり」というのをやりました(笑)。
夏に激辛メニューを飲み食いして、たくさん汗をかきましょう、という企画。
冗談みたいでしょ? だいたい冗談から企画が生まれるんですよ(笑)。
やっぱり遊び心って大切ですよね。

ちなみに、この2つのイベントからは、
“汁ウィン”と“汗ウィン”という人気キャラクターが生まれました。
汁ものが入ったおわん頭の、謎のゆるキャラなんですけど。

それから「ふじがウォッカ」というご当地カクテルも、イベントから生まれたものです。
春のチャリティーイベントで、コンテスト形式で決めました。
藤が丘にお越しの際は、ぜひ飲んでいただきたいですね。

これが藤が丘のヒーロー“汁ウィン”だー! 「汁まつり」の開催が10月だったことから、“汁”と“ハロウィン”にちなんで生まれたのだとか。
「ふじがウォッカ」の歴代優勝作品。写真左のグリーンのカクテルは「お肉食堂Fun」のもので、いつでもお店で味わうことができます。

ぶらぶら歩くだけで何か楽しいことが見つかる藤が丘

藤が丘には他にもオススメしたいスポットがいくつもありまして。
駅前の「いちょう並木」。12月に満開になる地区センターの「ヒマラヤ桜」。
知る人ぞ知る富士山のビュースポット「白萩橋」とかね。
藤が丘は住みやすい街であり、そして見どころもたくさんあるんです。
急行は止まりませんけどね(笑)。

最先端の街ではないかもしれませんが、
でも、だからこそ落ち着いた気持ちになれる。人の温かさを感じられる。
それが藤が丘のいいところなんじゃないでしょうか。
例えば何も目的がなかったとしても、
この街に来て、ぶらぶら歩けば、ちょっとした楽しみが発見できるというか。
藤が丘は、ふらっと来れば何かが見つかる街なんです。

商店会のイベント期間中であれば、
“汁ウィン”や“汗ウィン”に会える可能性もありますしね。
もしも見かけたら怖がらずに気軽に声を掛けてやってください(笑)。

田園都市線の上に架かる「白萩橋」は、俳優・大泉洋が自転車に乗って歌うCMのロケ地でもあります。柱の陰にいるのは……?

外山高嗣さん

とやまたかつぐ
“技術と信頼とまごころ”の「トヤマ時計眼鏡店」の2代目で代表取締役。若手とベテランが一丸となって街を盛り上げる「藤が丘商店会」の副会長を務める。商店会主催のおもしろ講座「FCC(藤・カルチャー・カフェ)」をはじめ、「汁まつり」や「汗まつり」など、藤が丘ならではの個性的なイベントを次々と仕掛けるアイデアマンです。会話中1分間に一度は冗談を挟むユニークな人柄で、街の人たちに愛されています。
外山高嗣さん
地域の人が企画したイベントにも積極的に参加している外山さん。写真は2013年の「あおばを食べる収穫祭」で司会をしているときの様子。

撮影:三浦孝明

更新:2016年12月12日 取材:2016年11月

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事