スマートフォン用ページへ
東急電鉄

第4回『みど*リンク』カンファレンス

2016年4月23日(土)開催 ―イベントレポート―

開催
2016年4月23日(土)
最寄駅
場所
東京都市大学 二子玉川夢キャンパス(二子玉川ライズ オフィス棟8F)

東急線沿線で緑化活動をしている団体から企画を募り、優れた企画を支援することで、「みどり」をきっかけにしたまちづくり・コミュニティづくりを応援する東急電鉄の『みど*リンク』アクション。毎年春に支援グループが一堂に会し、活動報告会(カンファレンス)を開催しています。その様子を、2015年度に支援を受けたグループの発表を中心にレポート!

2015年度支援の7グループによる活動報告

支援グループの代表者が集まり、お互いの交流を深め、学びの場となることを目的とした『みど*リンク』カンファレンス。会の目玉イベントとなるのが、支援を受けたグループによる活動報告です。今回報告を行うのは、2015年度に支援を受けた皆さん。支援を受けることで活動にどのような広がりが出たのでしょう? また、どういった取り組みを始めることができたのでしょうか? 各グループの発表内容をご紹介します。

  • 緑道の貴重な動植物を育てよう

    松の川遊歩道(緑道)の会
    日吉駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    日吉駅近くにある松の川緑道にすむ貴重な動植物の保全・維持を30年以上続けてきた同会。今回の支援を受け、キアゲハを増やすため、幼虫のエサとなる植物を植えたプランターを地域の人に配布。街の人が集まる広場にビオトープを作り、絶滅危惧種のホトケドジョウを放流するなど、生物多様性に貢献するさまざまな取り組みを実施したそうです。今後は“人も生き物もにぎわう街・日吉”を目指し、次世代に活動を引き継いでいくとのこと。

  • 駅前に緑を増やし、街を明るく

    江田駅周辺商店会
    江田駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    緑がなかった江田駅前に花を植えて街を明るく華やかにしようと、江田駅周辺商店会の方々が「Edatomo flower road link」という名前で取り組みを開始。「慶應義塾横浜初等部」と「桐蔭学園小学部」という地域にある2つ小学校の生徒とともに、駅前の花壇に花を植えました。また、地域の保育園の園児が花に水やりをしてくれたり、企業も活動に協力してくれたり、地域コミュニティの輪がどんどん広がっているのだとか。

  • 有機栽培のホットスポットを構築したい

    目黒天空庭園栽培ガーデニングクラブ
    池尻大橋駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    大橋ジャンクション(首都高速道路)の屋上にある目黒天空庭園において、有機・無農薬で野菜やブドウの栽培を行い、地域の人に憩いの場を提供しようと活動しています。支援により、自分たちで苗を育てるためのストックヤードを新しく設置。さらに園内で集めた落ち葉から作る「落ち葉堆肥づくり」の取り組みも開始したほか、山梨のワイナリーとコラボし、育てたブドウを使ってオリジナルワインの製造も行っています。

  • 人とチョウと植物がつなぐ、まちづくり

    駒澤大学 ECO・環境保護団体Green Grow
    駒沢大学駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    駒沢大学駅から徒歩5分ほどにある空き地を世田谷区から借り受け、地域交流の場づくりや生物多様性に貢献しようと試みた同会。地域住民と一緒に花植えを行ったほか、子どもたちを招き自然観察会も実施。多くのチョウや生き物を発見することで、子どもたちが緑に触れ合う場を提供しました。また、地域の人と一緒に花の植え替えを行う交流会などを開催し、地域とのつながりを深め、連携の足掛かりを作ることができたそうです。

  • バラの咲くフェンスを復活させたい

    東調布中スマイルサポート
    沼部駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    以前、大田区立東調布中学校のフェンスはバラが覆い尽くすほどで、地域住民の目を楽しませていました。その光景を復活させることが目的。支援により、新しくバラを増やすことができたほか、通りから見える位置に季節の花を植えるなど、地域の人がどの季節も花を楽しめるようになったそうです。また2014年度『みど*リンク』アワードを受賞した田園調布特別支援学校に教えてもらい、落ち葉腐葉土を作る取り組みもスタートしました。

  • 公園の再生で、地域の花と緑の輪をつくる

    下丸子公園 愛花会
    下丸子駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    大田区にある「下丸子公園」の丘(築山)の一区画で、アジサイを中心としたさまざまな花を植え育てている同会。今回の支援を受けることで、花壇を一区画広げ、地域の親子が一緒に花を育てることができる「こどもかだん」を新設することができたそう。また寒さ厳しい冬枯れの季節も、ハボタンやクリスマスローズ、菜の花、ビオラなどがたくさんの花を咲かせ、一年を通して地域の人の目を楽しませる場となっています。

  • 自然植生植物を守り、川を身近に

    あおばく・川を楽しむ会
    市が尾駅エリア


    写真を拡大

    写真を拡大

    1989年から活動を開始。鶴見川最上流の、鉄町(くろがねちょう)付近の自然植生植物(オギ・ススキ・ハナウド)の維持・保全のほか、近隣小・中学校の学習支援に取り組む同会では、草刈りや剪定(せんてい)を手作業で行っていました。支援品の発電機や電動植木ヘッジトリマーを使うことで、花木整備の作業効率が上がり、メンバーの負担も大幅に減ったとのこと。また、木杭の交換など鉄町ハナウド広場の改修も進めることができたそうです。

ゲスト講演のほか、各グループが交流を深める懇親会も!

平賀氏による講演。二子玉川ライズの低層階屋上に二子玉川の自然環境を再現し、地域の生態系をつなぐ「エコミュージアム」にしたという話に、皆さん熱心に耳を傾けていました。
『みど*リンク』アワード表彰式の様子。30年以上も前から活動を始めた田辺代表(中央・女性)は、「今まで関わってくれた多くの方々と喜びを分かち合いたい」とうれしそうにコメント。

各グループの活動報告の後は、二子玉川ライズの2期事業における緑化計画を担当したランドスケープ・プラス代表の平賀達也氏により、「二子玉川の生物多様性について」というテーマで、講演が行われました。また、2016年度に支援を受けた9つのグループの紹介、東京都市大学の学生による緑化に関連したまちづくり活動の発表などが行われ、カンファレンスは終了しました。

続く懇親会は別会場へ。平賀氏が手掛けた二子玉川ライズのルーフガーデンを実際に見学しながら移動しました。会では、参加者の投票により決定された2015年度『みど*リンク』アワードの発表があり、受賞したのは「松の川遊歩道(緑道)の会」の皆さん。生物多様性に貢献した活動に加え、同じ日吉地区で緑の活動をする「慶應義塾大学・日吉丸の会」と活動を共にする“横のつながり”も高く評価されました。

懇親会では、グループ同士で情報交換が盛んに行われたほか、2016年度支援グループの代表者による自己紹介スピーチが行われ大盛況に。参加者による新たな緑化活動の展開を予感させる、意義深い会合となりました。

更新:2016年5月23日 取材:2016年4月23日

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事