スマートフォン用ページへ
東急電鉄

二子玉川水辺茶会

2017年11月3日(金)開催 ―イベントレポート―

二子玉川エリアマネジメンツ」が進めてきた、多摩川と周辺の水辺空間を活用する新たな街の魅力づくり。その一環として開催されたのが「二子玉川水辺茶会」です。秋晴れの空の下で、歴史と文化と自然を感じさせる「現代版 北野大茶会」が実現しました。

イベント名 二子玉川水辺茶会
開催 2017年11月3日(金)
場所 多摩川河川敷・兵庫島公園
最寄駅

自由な発想とスタイルで楽しむ、現代版「北野大茶会」

子どもが亭主の「ふたこ茶屋」。テント内には、子どもたちが集めた落ち葉が敷かれ、つり下げられたお菓子の飾りも子どもたちが考えて自分たちで作ったもの。
二子玉川在住の外国人ファミリーも参加して異文化体験。
茶会イベントならではの、着物姿の男性参加者。「こうした“和”がテーマのイベントは楽しい」と話してくれました。
アバンギャルド茶会代表の近藤俊太郎さん。ダメもとで企画を「二子玉川エリアマネジメンツ」に相談したら、これは面白い、とトントン拍子で実現したのだそう。
発電もできるというキャンプ用のストーブで、茶席用のお菓子の焼きマシュマロ作りをする「キャンプ茶会」。実は災害時のヒントにもなっていました。

「二子玉川水辺茶会」のコンセプトは430年前の11月、かの豊臣秀吉が京都・北野天満宮で主催した「北野大茶会」。茶の湯の心を持つ者であれば町民、農民の身分や茶道具の有無を問わず誰でも参加できた、大規模な茶会です。その心を受け継ぎ、自由な発想とスタイルで楽しむ茶会が、多摩川河川敷の世田谷区立兵庫島公園で開催されました。

この茶会は、二子玉川のまちづくり団体「二子玉川エリアマネジメンツ」、世田谷に活動拠点を置く「アバンギャルド茶会」と世田谷区が共催して実現しました。今回のイベントでは、二子玉川小学校で同日に開催された「二子玉川大山道フェスティバル」と対岸の川崎市高津区役所が主催するイベント「二子の渡し体験」の三者が、広報活動などで初めて連携。多摩川を核に大山道で繋がったエリアプロジェクトとして展開する可能性が感じられました。

「11月3日には例年大山道フェスティバルがあり、数年前には二子の渡しも復活。そこをつないでイベントができたら面白い、ということで、世田谷区と二子玉川商店街や地域の皆さんのお力を借りて実現することができた」と、二子玉川エリアマネジメンツ代表の佐藤正一さん。多摩川が増水していたため、残念ながらこの日の渡し舟は中止となってしまいましたが、エリア一帯で地域の魅力と文化を発信する一日になっています。

「二子玉川水辺茶会」の会場となった兵庫島公園には、茶室に見立てたキャンプ用のテントが並び、趣向を凝らした茶席が設けられています。茶会だけでなく、お茶をテーマにしたワークショップなども開催されました。

キャンプといえばコーヒー? いえいえ、これからは抹茶の時代! 「アバンギャルド茶会」が提唱するテーマは「茶会+キャンプ=茶ンピング」です。テントの中で抹茶を一服すれば、これぞ「茶ンピング」。長い行列でひときわ人気だったのが、「魔法」をテーマに、子どもが亭主を務める「ふたこ茶屋」。子どもたちが考えた世界観がテントの中に広がっています。

公園の脇、野川(多摩川の支流)のほとりで、本格的な畳を敷いて行われていたプログラムは、「はじめての茶道教室 アウトドア編」。「お茶が運ばれてきたら茶碗を手に取り、正面の絵や模様を避けるために時計回りに回し、最後にズズッと音を立てて飲み切ります」と、作法を教わりながらお茶をいただきます。振り向けばそこには二子玉川の高層マンション、という、なんとも不思議な時間の流れを、参加者の皆さんは楽しんでいました。

アバンギャルド茶会を主宰する近藤俊太郎さんは、「野点(野外の茶会)をどこかでやりたいと思っていたのですが、公共の場所だと火を使うのが難しく、場所を借りるのも難しい。個人だと過去の実績もないし、行政などとの交渉にも時間がかかりますが、こんないい場所で実施できてとてもうれしい」と、今回の「二子玉川エリアマネジメンツ」との連携に手応えを感じたようです。
「実は二子玉川エリアは、静嘉堂文庫美術館、松本記念音楽迎賓館、五島美術館など、茶室や茶道具などが多く集まっているところ。また、この兵庫島周辺も、大正時代は多くの茶屋や料亭でにぎわった場所で、お茶の文化が根付いている街といえます。とはいえ、いきなり茶室でお茶会をやるのは敷居が高い。まずはこういう場でお茶と接してもらい、お茶に触れるきっかけになれば」と話します。

多摩川を舞台にしたこの茶会には、着物姿の男女や、日本文化に興味津々の外国人、何かやっているから寄ってみたという地元ファミリーなど、さまざまな人々が集まり自由にお茶を楽しみながら、いにしえの水辺の風景に思いをはせていました。

更新:2017年12月7日 取材:2017年11月3日

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事