スマートフォン用ページへ
東急電鉄

東急沿線イベントレポート

ママ’sセレクト@たまプラーザ
『オトナの学び舎』(コットンパールのネックレス講座)

開催
2015年2月16日(日) 10:00~11:30
最寄駅
たまプラーザ
場所
3丁目カフェ
たまプラーザで、ママの目線で街の商店会を盛り上げる活動を行っているグループ「ママ'sセレクト」。「オトナの学び舎」というイベントを開催しています。今回は、コットンパールとリボンを使って、春の行事にも使えるネックレスを作りました。ママたちが子ども連れで気軽に参加できるよう、工具や材料はすべて用意され、キッズコーナーも設けられています。
平日昼間のカフェが“オトナの学び舎”に。
大きさの異なるコットンパールを順番に入れ、縫ったりボンドで止めたりと作業は細かく、集中力を必要としますが、日常を忘れさせるとあってハマる人が続出。
頑張って作った作品は宝物! さっそく試してみます。

ママたちが企画したアクセサリー講座。忙しいママも、時には優雅なひとときを過ごすのがたまプラーザ流です。

やさしい木漏れ日が窓から差し込む2月16日。「ママ’sセレクト@たまプラーザ新しいウィンドウで開く」が主催するオトナの学び舎『コットンパールのネックレス講座』が開催されました。

「ママ’sセレクト」は、たまプラーザ地区在住の子育てママの目線で、たまプラーザ駅前通り商店会を活性化しようと結成されたグループ。2013年7月からは、商店会とコラボレーションし、「オトナの学び舎」というママのママによるママのための講座を開催してきました。例えば地元でおいしいと評判の中華料理店のシェフから学ぶ「麻婆豆腐講座」や、子育て世代のママたちが足を踏み入れる機会が少ないジャズバーのマスターが講師の「おいしいコーヒーの入れ方講座」など、その内容は多彩です。

その今年度最後の講座として、たまプラーザの「3丁目カフェ」を会場に開催されたのが『コットンパールのネックレス講座』。コットンパールとは、綿を圧縮し球体にしたものにパール加工を施した模造真珠で、アンティークな色合いや質感が特徴です。そして何より魅力的なのはその軽さ。ボリュームのあるデザインでも重さが気にならず気軽に身につけられると、最近じわじわと人気を呼んでいるそうです。

今回はこのコットンパールと黒のサテンリボンを使い、これからの卒入園(学)の時期にもぴったりなデザインのネックレスを作ります。およそ2時間という短時間で完成できるとあって、参加者の皆さんの期待は自然と高まります。参加者は9名。そのうち3組が小さなお子さんと一緒に参加しました。講師の亀山ちほさんは、普段はあざみ野で教室を開いている子育て中のママさん。子連れでも作業しやすいように前もって針に糸をとおして配布したり、進み具合を確認できるようにレシピを準備したりと、ママならではの配慮がされているのは、参加者にとって嬉しい限り。時折雑談を交えながらも、糸に大小のコットンパールを通したり、金具を工具でつけたりと作業に没頭する参加者のみなさん。「子育てからちょっと離れて、手を動かすのもストレス解消」「意外に細かい作業だけどハマりそう」との声が聞かれました。出来上がったコットンパールネックレスはどれも素敵で、首から下げてみるみなさんの笑顔はキラキラと輝いていました。

講座の最後にはママ’sセレクトスタッフと講師を交えて、3丁目カフェ自慢のランチを囲み交流会。作品を一緒につくりあげたことも相まって和気あいあいと楽しい雰囲気でした。

「ママ’sセレクト@たまプラーザ」の取り組みは、たまプラーザで愛されているお店と参加者が、笑顔になれる関係を“ママ目線”で築く取り組み。3丁目カフェのガラス窓越しに通りから垣間見えた参加者の楽しそうな様子は、たまプラーザの日常の風景であり、まちの魅力にもなっているのです。

更新:2015年3月31日 取材:2015年2月16日

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事