スマートフォン用ページへ
東急電鉄

第5回 おおたオープンファクトリー

2015年11月28日(土)~2015年12月5日(土)開催 ―イベントレポート―

大田区は“モノづくりのまち”。町工場の数は現在およそ3,000社以上あり、東京都では市区町村で第1位。機械加工技術の町工場の集積地です。その大田区の街を散策しながら町工場を見学できる『おおたオープンファクトリー』は、2012年に始まり今回が5回目。「職人が一番しゃべる一週間」というテーマで、エリアも拡大して開催されました。2015年11月28日、下丸子・武蔵新田駅周辺エリアで開催されたイベントの様子をレポートします。

モノづくりの世界をのぞき見! 体験もできるオープンデー

※ 画像をクリックすると拡大表示し、キャプションもご覧いただけます。

手彫り、ヘラ絞り、機械加工、印刷……細やかな仕事に職人の息づかいを感じる



撮影:木村雅章
更新:2016年2月3日 取材:2015年11月28日

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事