スマートフォン用ページへ
東急電鉄

フタコハートストリート3~この夏は、みんなで作るハートストリート~

2016年8月6日(土)~8月21日(日)開催 ―イベントレポート―

二子玉川商店街をハートでいっぱいにしようと、2015年8月に始まった街と人をつなぐ参加型アートイベント『フタコハートストリート』。3回目となる今回のテーマは、「この夏は、みんなでつくるハートストリート」です。イベントの総合アートプロデューサーでハートアーティストの西村公一さんだけでなく、14人のアーティストや地域の人も作品の制作に参加。商店街から街全体への広がりを予感させるイベントとなりました。

ようこそ フタコハートストリートへ

『フタコハートストリート』の入り口は、国道246バイパス高架下のふれあい広場。6本の橋脚にマスキングテープによって制作された、巨大なハートが訪れた人を出迎えます。イベント初日の8月6日にはここで、地域の人たちを巻き込んでのオープニングイベントが行われました。

※ 写真をクリックすると、拡大写真とキャプションが表示されます。

商店街に足を踏み入れるとそこはハートのストリート

開催中は店々のドアや窓、壁が、大小さまざまなハートで彩られます。アーティストが街に溶け込み制作する様子を眺められるのもイベントの楽しみのひとつ。

※ 写真をクリックすると、拡大写真とキャプションが表示されます。

地域の人たちも一緒にハートを制作

チームで参加したり、通り掛かりに飛び入り参加したり。アーティストだけでなく、街の人たちもたくさんハート作りを楽しんでいます。

※ 写真をクリックすると、拡大写真とキャプションが表示されます。

更新:2016年9月1日 取材:2016年8月6日・17日

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事