スマートフォン用ページへ
東急電鉄

世田谷パン祭り2016

2016年10月9日(日)・10日(月)開催  -イベントレポート-

パン好きのハートをつかんで離さない「世田谷パン祭り」。6回目となる2016年は、二日合わせて過去最多の約4万8,000人が訪れました。この大規模なイベント、実は「三宿四二○商店会」という地元の商店会が仕掛けるローカルイベントです。そもそも“地域のお祭り”として始まったこのイベントは、地域住民が参加しやすいように優先入場の時間を設けたり、地元の大学とコラボしたり、地域との関わりを大事に開催されています。

パン好きが大集合! みんながパンに恋する日

今年のテーマは、「パンと恋」。パンに恋してやまないパン好きの皆さんが、おいしいパンを求めて三宿に集います。会場は、池尻小学校の第二体育館、IID 世田谷ものづくり学校や池尻小学校の校庭、そして世田谷公園。三宿の街が、パン屋さんや運営スタッフ、ボランティアの皆さん、そして来場したお客さんの熱気で包まれました。

※ 画像をクリックすると拡大表示し、キャプションもご覧いただけます。

おいしいパンが人を呼び、みんなを笑顔に

世田谷公園の会場には、世田谷区内のパン屋さんや地域ブースが出店。お目当てのパンをゲットした多くの人は、公園内の噴水広場へ。レジャーシートやベンチに座り、早速パンを味わっていました。

※ 画像をクリックすると拡大表示し、キャプションもご覧いただけます。

更新:2016年11月16日 取材:2016年10月

コメント

  • 本コメントはFacebookソーシャルプラグインを使用しており、これによって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません。
  • コメントを投稿するにはFacebookにログインする必要があります。

おすすめの記事